経営理念

経営理念とビジョンについて

人と人とを結ぶ身近なコミュニケーションツールとして”紙”は人間社会の発展に重要な役割を果たしてきました。その存在価値は、コンピューターネットワークを始めとするデジタルメディアの一層の普及が予想される今後も、決して失われるものではありません。
 シオザワは創業以来、”紙”の専門商社として、必要な紙を、必要な時に、必要な量を、必要な場所にお届けするをモットーに、よりよいサービスの実現に努めてまいりました。
 そして今、『情報文化創造企業』としての更なる付加価値を高め、1人でも多くのお客様により高い満足を感じて頂ける”ONLY ONE”企業を目指して、紙ビジネスの新たな可能性を追求してまいります。
 

経営理念

大自然によって生かされて働ける今に感謝し紙を媒体とした情報文化創造企業として、明るい温かい楽しい社会づくりに参加する。
一手一つになって人間性の向上に努める。
 

21世紀ビジョン

人とエコロジーの可能性に挑むシオザワプロ集団 ~自己開発の環境づくりと挑戦~
 

ビジョンの核心をなす経営目的(私たちの目指すもの)

  • 社員および関係先の秘めたる潜在力の開発を通じて、1人でも多くのお客様に高い満足感を提供すること。
  • 紙と流通を通じて、持続可能な社会の実現に向けたあらゆる創造と革新に挑戦すること。
  • 全ての事業活動を通じて、より高い付加価値、社員の幸福、新しい文化の創造を実現すること。

 

日々の業務における心構え(商いの心)

会社が成り立っているのは、お客様のおかげであり、お取り引きのおかげです。
お客様、お取引先に対していつも謙虚な感謝の気持ちを持ち続けなかったら会社は崩壊します。
信用こそ最も大切にしなければならない宝です。

  • お客様との約束を守る。
  • お客様に喜ばれる。
  • お客様のお役に立つ。

という動作と言葉の積み重ねによって信用を作り育てることができます。
 
商品を大切にし、常に研究、創意工夫を怠らず、頼り甲斐のある会社としてお客様にお応えする。
これが”商いの心”で、私たちは常に”商いの心”を持ち続けていきます。
 

シオザワの組織観

シオザワの組織観

T型人材&T型発展
【T型人材】(スペシャルゼネラリスト)
自らの専門性を深く掘るとともに、人間的にも幅広く成長すること。
【T型発展】(串ダンゴ型アウトソーシング業)
自社の専門性を深く掘るとともに、関連分野を巻き込みつつ総合的なお役立ち力を構築すること。